口臭・歯周病の症状と治療の体験記

歯肉炎、歯槽膿漏、口臭などの最終的には歯を失わないようにするにはどうしたらよいかのガイドです

30代女性の歯周病治療の体験記 No.2

f:id:shiroganesweets:20170815161321j:plain

 

今回は30代前半の主婦の口臭・歯周病の体験記をです。私も30代前半で初めて歯周病に気がつきましたが、この年代から男女とも口臭や歯周病を気にする年代になってくるそうです。

 

口臭・歯周病にどの様に気がつきましたか?

 

 

口臭は普段それなりに気にしており、気になった時に口に手を当てて、はぁーっと息をかけて臭いをチェックしていました。

その時は自覚がなく、特に気にならないとおもっていました。


ある時、歯に食べたものが挟まりやすくなったので、フロスを使って掃除をしました。その時、何度もフロスをしても嫌な臭いが口中に残り、すごく口臭が気になるようになりました。


その頃から旦那にも時々口臭について言われるようになりした。


その後、歯医者さんで検診した際に相談すると、歯周病の検査をしてくれ、軽度の歯周病になっている事を知りました。

f:id:shiroganesweets:20170815161618j:plain

 

どの様な治療法を行いました?また、その効果はありましたか?

 

 

まず、歯周病や口臭の原因になる歯垢を取る練習で、何度も歯医者さんで歯磨きの練習をしました。


同時に、歯垢の中に歯周病や虫歯の原因になる細菌がいて、それを取らない限り歯周病や口臭、虫歯も治りません。としっかりと説明を受け、歯磨きへの意識も変わりました。


はじめは効果があるのか半信半疑のことろもありましたが、だんだん歯磨きが上手くなり、歯科衛生士さんにも褒められるようになりました。

その頃から歯茎の色が少し黒ずんだ赤色から、黒ずみが消え、綺麗な赤色になっていました。

 

歯磨きの練習と並行して、歯石とりをされました。
表からは見えない、裏側や歯茎の中に歯石が溜まっているようで、3回くらいに分けて取りました。


ベテランの歯科衛生士さんでしたが、結構痛みはあり、歯石を取った後は出血もありました。ただ、すぐに出血は止まるので、痛み以外は不安な事はありませんでした。

 

これらの治療を受け、治っているかの検査の時には、フロスをしても臭いは気にならないようになっていました。

歯科医院での治療医以外に、自宅での歯磨きの時、殺菌作用のあるうがい薬を使っていました。

 

歯磨きの後や、口の粘つきが気になる時に、お水で薄めてお口をゆす着ます。
ゆすぐだけですが、意外とこれがスッキリしても気持ちがよく、口臭も無くなっていった要因の一つかなと思いました。

 

 

f:id:shiroganesweets:20170808104842j:plain

毎日のケア、ハミガキなどで気をつけている事はありますか?

 

歯科衛生士さんにも毎食後に歯磨きしましょう。と言われても毎日の仕事や家事、育児でなかなか自分の時間がとれず、毎食後の歯磨きはできませんでした。


ただ、夜は子供が寝た後に自分の時間が取れたので、寝る前にしっかりと殺菌作用のある薬用ハミガキでの歯磨き、フロス、をして寝るのを日課にしました。

 

歯磨きに関しては、歯並びの悪い犬歯は、虫歯にも歯周病にもなりやすいそうなので、ブラシを縦に当て、一本づつ磨く事を心がけました。


ブラシを当てるときの圧力も、無意識ですが強かったみたいで、歯茎を傷つけてしまう事もありました。

 

傷が付くと、そこから細菌が入って、また腫れる可能性もあるそうなので、鉛筆を持つように優しく持ち、チカラが入らないように優しく磨く事も心がけましたました。

 

メーカー直販!歯周病専門薬用プロポリスハミガキ【プロポデンタル】