口臭・歯周病の症状と治療の体験記

歯肉炎、歯槽膿漏、口臭などの最終的には歯を失わないようにするにはどうしたらよいかのガイドです

40代前半女性が歯のケア中に気がついた歯周病の治療体験

f:id:shiroganesweets:20170822095916j:plain

今回は40代女性が歯間ブラシを使っているときに気がついた歯周病の治療体験談です。これは皆さんにも当てはまる話だと思います。

 

 

口臭・歯周病にどの様に気がつきましたか?

私は銀歯が多いこと、また歯間が狭いという理由から、歯間ブラシをよく使用しています。

 

今から数年前、その歯間ブラシで掃除した時に必ず嫌な臭いと味がする部分があることに気が付きました。それはいつも同じ場所なのですね。またよく考えてみると、その部分の歯茎がよく腫れることもあったのです。

 

そのため虫歯があるのではないかと思い、歯医者に行くと歯周病の診断が出ました。

 

また自分で気が付くほどの臭いだったので、人には口臭を発生させると迷惑がられていたかもしれません。

 

どの様な治療を行いましたか?治療の効果は?

 

初めに歯科に行ったときには、歯の表面の汚れをチェックし、あとは歯茎の下がり具合を確認されました。

そこで歯磨き後の汚れはそれほど付着していませんでしたが、歯茎の下がりが随分だったのでそこで自分が歯周病なのだと言うことが分かりました。


また気になっていた部分は虫歯ではないことがわかりました。
そのため2回目の受診の際には、歯石の除去、そして歯のブラッシング指導を受けました。


歯周病検査の時に歯周ポケットの深さも調べましたが、まだ外科的な治療をするほど深くはないということで、フラップ手術の対象にはなりませんでした。


私が歯科で主に行った治療は、ブラッシングの指導と歯石の除去です。その指導を受けて、毎日の歯磨きの際に実施しています。


またこれまでは市販の歯ブラシとハミガキを購入していましたが、歯科に通い始めてからは、歯科の推薦する歯ブラシと殺菌作用があるハミガキに変更しました。


一度歯石を十分にとってもらってからは、それほど歯茎が腫れるということもなくなったし、歯間ブラシで掃除をしても臭いが気にならなくなってきたのです。


ただ自分では歯がしっかり磨ききれない部分もあるため、今は3ヶ月から半年ごとに歯科に通って歯石取りなどのメンテナンスを行ってもらっています。

 

f:id:shiroganesweets:20170822100051j:plain

 

毎日のケア、ハミガキなどで気をつけている習慣はありますか?

 

毎日、食べたら磨くということを習慣にしています。

以前は仕事中に歯磨きをしづらかったので、一日2回の歯磨きでしたが、それを3回することにしました。また夜の歯磨きでは歯間ブラシを使用してしっかり歯磨きするこころを心掛けています。


それでも以前は口臭が気になることがあったのですが、その原因は、歯科で舌苔がついているからだと指摘をされました。

そのため今は毎日舌みがきをすることを心掛けています。現在はその効果の結果か、舌の上は白い付着物がなくなり口臭も軽減されたと思います。

また口腔内の清潔が維持できるようになったため、ばい菌などが繁殖して歯茎が腫れるという状況がなくなりました。

下がってしまった歯茎が自然と盛り上がってくるということはまだありませんが、口腔内の環境が良くなってきたことは実感しています。